スメハラと言われるくらい今の人は匂いにとても敏感

夏になると、仕事中に自身の汗が臭わないか心配したり、地下鉄などで自身の体のニオイを気に掛ける女の人って意外といると思います。
よく汗をかく女の人の場合、特に気にすると思います。
わたしもよく汗をかくのでそうした時にはまわりが臭っていないか、気掛かりです。

暑い季節だから汗のニオイがするのなんて普通のこと、なんてことはないです。
スメハラと言われるくらい、今の人は匂いにとても敏感です。

それに、男の人っていつでも女の人は良い香りをさせているのが普通だ、なんて思いこんでいる人もいるのです。
夏に彼氏とのデートの最中に臭いにおいがしたらすごく嫌ですよね。
デオドラントアイテムで抑えたとしても、満員電車に乗り、駅から徒歩で会社に向かったり、カレとのデートの際に炎天下の中を歩くようなことがあれば、気が付くと汗のニオイがしていて、デオドラント製品を付けた効果がないなんてこともあります。

さらに、パンプスを履いていると蒸れてしまうので足の臭いも気になります。
汗をかくことは体にいいことですが、防臭対策はきちんとしないといけませんね。

多汗症な私は夏の季節が終わると安心します。
だけど気持ちが安らぐのも秋のみで、寒い時期になってもまたまた汗で悩む事になるのです。
レストランやショッピングセンターなどの屋内に入ると、じわ~っと汗をかくのです。

寒い外にいて冷えていた身体が暖かい屋内に入って汗がでて、その汗がなかなかひかない。
化粧崩れはもちろんブーツの中が湿ってくるし、皆平然とした顔でお買い物を楽しんでいるのに私は汗を拭きながら歩いているので恥ずかしい想いをしています。

「汗よ、治まれ!」と願っても治まらずそう願えば願うほど汗が出てくるという負のスパイラルにこの頃は半ばあきらめモードです。
どうにかできるなら顔にはかかないようになりたいけれど、そういう体質だからどうしようもないのかなと凹んでいるのです。
だけど体質なのだと考えていたのですが、子供を産んでから汗をよくかくようになったと思うのです。

以前は汗をかいてもそれほど時間をかけずに汗は治まっていました。
「寒いからといって厚着するのは避ける、アセの匂いがしないようにキレイにしておく、汗のニオイを気にし過ぎて香りをつけすぎない」これらのことは自分がいつも心がけている事になります。
また今年も寒い冬の到来ですが汗とバトルすることになりそうですね。

出産での休暇が終わって、仕事に復帰する事になりました。
給油所では価格の上場がすごいので前と比べて高くなっていて驚いています。
春に復帰した理由は多少なりともカラダをなじませておかなかったら汗まみれになってしまうからです。
知っての通り給油所というところって炎天下で、長袖のシャツ、自動車が出す熱でうだるような暑さなのです。

汗っかきなわたしは春の陽気でも汗だくの状態です。
夏場は結った髪の毛の先から汗がポタポタと垂れてしまうので自動車を汚さないように、お団子ヘアにしているのです。
大変うなじが、焼けますが…。

若い子って、汗をかく量って少ないのかな?と思うほど平気な顔をしています。
私はピタッとしたTシャツを下に着てわきの箇所に保冷剤をタオルで巻いてはさんだり、ブラの中にもティッシュに包んだ保冷剤を入れて仕事に取り掛からないと気が気ではありません。

お化粧の方は、お昼までも持たないので午後からはアイブロウが落ちた状態で働いています。
とても車が好きなので続けたいのですけど、屋外作業でも涼しい物を作って欲しいななんて願っています。

親友の一人に体臭のくさい奴がいます。
その友達はサークルの仲間なのですが、そもそもが汗をかきやすく、横にいると確実に彼の体臭が漂ってくるのです。

特に車にいるときは本当に苦労します。
元々彼が暑さを感じやすいタイプなので、車内をキンキンに冷やしているおかげでにおいは若干抑制されていますが、それが車の中に充満しているのでちょっと辛いものがあります。

そうなると窓を開けたいところなのですが、奴が暑がりなせいで我慢せざるをえないのです。
この友人はなぜこの様に身体のニオイが凄いのかと推理してみると、矢張り日頃から肉料理をいっぱい口にしているからなのかなと思いました。

一緒に食事に行くとまあよく食べます。
バイキングに行ったら、ローストビーフなんか4、5枚は簡単に胃に収めてしまいます。
食事量としては僕も負けず劣らずといった感じですが、あいつには出来るだけ野菜系の食事を摂取してもらって、なるべく体から出る匂いを改善してもらいたいです。

汗の悩みをなくしてくれる服が開発されたら嬉しい

汗の悩み事が解決するような服があると嬉しいと思うのです。
例えば、汗を吸い取って、なおかつ、乾かしサラサラの状態にしてくれる機能が付いたものがあればいいのに、って思っているのです。

しかしながらそんな洋服はなかなかありません。
あったとしても、スポーツウエアだったりして、やはり私くらいの年の人が着て外出できるような服は売っていません。
需要は高そうですから、いっぱい作ってくれないかなと思っているのです。

一例をあげると、営業の仕事でさまざまな場所に行くような人の場合は、汗に関する悩みはきっと大きいと思うのです。
スーツを着た際汗でベタっとしてしまい、不快になるといった事もありがちだと思います。
だからこそ、汗の悩みにマッチした商品開発が必要だと考えています。

多少高くても、汗についての悩みを解決に導いてくれるような物であれば、複数の人が欲しがるんじゃないかな?と予想しています。
流行に乗ってて、また汗の悩みをなくしてくれる服ができたらいいな。

汗においての悩みって、介護をする場合も関わってきます。
なぜなら、発疹が出来る原因に汗が関係あるのです。
汗においては意外と盲点になりやすく、汗の不快感が酷いという事をなかなか理解できない事が多くあります。

でも、空気を通しにくいと発生するのが、汗蒸れになります。
それは、カラダに不健康を及ぼすばかりじゃなく、汗が起因となったストレスという問題をも起こさせます。
ですから、たかが汗の悩みだと軽々しく考えてはだめです。

汗というものが不快だということは、介護するうえでも考慮しておくべき問題なのです。
汗蒸れというのは、とくにオムツや尿とりパットなどを履いているときの汗の蒸れが不快なものなのかという事は、自分自身が試してみないと理解しがたいものであるというのはしょうがないのかもしれません。
だけど、そんなことを自らやらなくても、汗を嫌がる気持ちを感じ取ってケアされる人の不快感をなくすようにあげるようにしないといけませんね。

私は汗かきじゃなく、強いて言うなら冷え性体質だし、そこまで汗はかかないです。
でも、どういう訳か幼い頃から、わきの部分に発汗するのです。
それほど暑い訳でもなく、常にジメジメした感じがあり、乾燥した状態になる事はまずありません。

当時はそれが変わっているなんて思わず気にしていませんでしたが、高校生になった時あたしだけわきに凄い量の汗をかいているという事を知りました。
それを知ったのはお友達とお揃いで買ったグレーの服を着て出かけた時です。
夏場の暑いときだったので、そこそこ汗は出ていました。

そうしたらその友だちが「え!あんた、めっちゃわき汗かいてるやん!」と言ってきたのです。
見てみたところ脇だけシャツの色が濃くなっていたので湿っている事が分かったのです。
以来、グレーの服は避けるようにしています。

それとグレー色だけじゃなく、汗染みが目立ってしまう色のTシャツも着ていません。
灰色のシャツの人を見ると、無意識のうちにわき汗をチェックしてしまいます。
他の人はなぜ湿っていないのだろう。大変恥ずかしいです。

自分は小さい時から沢山汗をかく方です。
たいてい汗をかくのは、緊張状態に陥った時です。

前に、会社の事務員をしていたのですけど、大勢の人の前で発表がある時や面倒なもめ事があったときなど、ワキに汗を沢山かいてしまうのです。
その事でとても悩んでいたので、汗対策には気をつけていました。
一年中スプレーの制汗剤を持ち歩いていますし、家を出るときも必ず身体(脇を重点的に)に吹き付けてから出かけるのです。

それが功を奏したのか、知人に「汗臭うね」って言われたことは一度もないです。
思うにデオドラント剤を使っていなかったら、まわりの人にかなり嫌われてしまっていたと思います。
手の平の汗も凄い為、カレと手をつないだりするなんて事できませんでした。

ソワソワしてしまうため、一層汗がでてきてしまうんです。
夏は何度もシャワーを浴びたくなるのです。

「私自身の汗の臭いがまわりを不快にさせているのではないか」って思ってしまうので、恐ろしくなってしまうのです。
汗をあまりかかない人が本当に羨ましいです。
生まれつき多汗症な為、これから先も自身の汗と付き合う事になるのかって思ったら憂鬱な気分になります。

参考:顔汗制汗剤 | 顔汗を抑える制汗剤のおすすめランキング
URL:https://www.saltcreekmarket.com/

寝る事はお肌を健康に若いままキープするために必要不可欠

自分自身が美容のために努力していることは、早く寝てしまう事です。
寝る事は、お肌を健康に若いままキープするために必要不可欠ですし、外せないものだと凄く思っています。
午後10時からが美肌のためのゴールデンタイムだと耳にするのですがわたくしももっともだと思います。

私の家にはまだ小さな子どもがいますが、わたくしは子どもだけを先に寝かしつけるのではなく私も一緒にそのまんま寝ます。
実際の時間は夜9時位だと思います。(働いている人は少し難しいかも知れませんね。)

ですので、バッチリ夜の10時には夢を見ている時間ですね。
それから他に気を使っている事というのは、洗顔をガッチリしすぎないということでしょうか。
寝る前は化粧をしているので、ちゃんと落とさないといけないのですが、朝は洗顔石鹸とかも使わないで、お水のみで流すくらいです。

40才目前のわたしなのですが、意外と周囲の人達に肌を褒められることが多いです。
美容は化粧水・乳液等ももちろん大事ですが、からだの中からきれいにすることが美容には一番いいと思っています。
コラーゲンなど、肌に良いものをしっかりと摂取します。
果物を食べた場合ビタミンCをとり入れられます。

あとここ最近はコラーゲン鍋も普及していますし、ドリンクにもコラーゲンが配合されているので手軽に摂取できます。
寒い時期は夕食に鍋を食べることが増えます。
コラーゲンがたくさん摂れる鶏肉を入れて、そのつゆで野菜を摂ります。
お通じも良くなるし、低カロリーなんです。

ピリ辛の鍋であれば、汗をかくことが出来るのでデトックス効果もあります。
毛穴が大きく開き発汗できるので美肌に繋がると思います。
それからお豆腐も美容には良い食材なので、とうふも入れるといいと思います。

食事の他に、必ず毎晩メイクオフする事をサボらないようにしましょう。
化粧を落とさないまま寝ると肌が衰えると言われています。
帰宅したらとにかくメイクを落とすように気をつけないといけませんね。
お肌を休ませることが大切なんですよね。

スキンケアの問題は、年齢を重ねるごとに当然のように増えてきました。
以前と同じような美肌術ではどうにも効き目がありません。
より多くの化粧水を塗らないとカサついてしまったり、オイル美容液なども手放せなくなっています。

あと学生時代には出なかった赤ニキビに悩むようになりました。
出る場所が眉の上やあごで、何となく無意識に手がいってしまいます。
ニキビ跡が気付けば肌色が濃くなっていたりクレーターが出来てしまっていました。

月経がくると染みが色濃くなるようです。
そのシミ自体は普段は気にもとまらないのですが、生理中はとても際立って見えるのです。
そう見えると思い込んでるだけかも分かりませんが。
皮フの加齢変化を直視しなければ、治るものも治らないのでスキンケア方法をチェックし直そうと思っています。

ニキビ痕は出来ることなら消したいです。
この色素沈着がもっとひどくなったりしたら・・・と気になります。
クレーターの方は目立たないのであまり気に掛けていません。

今度は買う雑誌も違うものしようと思っています。
わたしぐらいの世代に向けた美肌術が書かれているような雑誌に・・。

油控えめの食生活は美肌作りに役立つの?

美肌作りについて調べていたりすると、肌状態を維持するためには、油控えめの食生活なんてやつがあったりします。
脂質を摂りすぎの結果、太るわ、胃腸トラブルも増えるわ(お肌が荒れます)、良いことは一つもない・・・的な美容ネタについては、もう何となく常識的なことになっていますよね。

ただ、それが裏目に出る事もあるんです。
わたしが、直接人から聞いた話なんですが、ある人が健康管理のために食事を摂る中で、油分を控えたところ、少しずつ皮膚がぱさつきだすようになっていったそうです。

先ほど、ある人、と匿名で書きましたが、該当される方がわたしの周りに3~4人はいます。
ダイエットのため、健康管理のため(血もサラサラにしたい)、と毎日のごはんで油分を控える方が大勢おられるようですが、何事もやり過ぎはよくないようですね。
ダイエット法は、様々な形で流行をみせますが、スキンケアも大事なので、極端なダイエット方法はとらず、ある程度「油の摂取」も大事なのだと気付きました。
何をするにも度が過ぎないようにしないとね。

あたしは40歳間近の「主婦」です。
あたしがとりわけ美容関係で気を使っていることは「御飯」と「眠り」なのです。
自分は子どものころからいつも便秘がちなんです。

なので便秘解消も狙ってたえず沢山の生野菜などを口にするように気を付けています。
毎度御汁は野菜三昧の具だくさん汁。
メインの肉料理や魚料理を食べる前に出来る限り多くのサラダや温野菜を食す事もあたしの食事パターンです。

これを実践することでメイン料理や、ご飯の量をストレスなく抑えられますし、葉野菜などをおいしく沢山口にする事が可能です。
それでもお野菜の量の不十分さが心配ですので日々の緑葉野菜のジュースも忘れません。

便秘症は肌荒れの大きな原因となります。
快便であるように、日常の献立で十分な野菜類を摂ることを信条としています。

そして毎夜キチンと睡眠時間を確保するようにしています。
年齢的に張り切りすぎるとあくる日の肌コンディションや体の調子に影響しやすくなってきているので、夜間は速やかに布団にもぐり込むように気を付けることで、一日の疲労感をリセットしツルツル肌の生活が送れるのだと思っています。

わたし自身食べる事が好きですから、適度に運動をするようにしています。
掃除をしながら軽いスクワット運動をしたり、近所のスーパーまでは歩いていくようにしています。
楽することばかり考えずに少しでも身体を動かすちょうどいい機械だと思っています。

主婦なので美容の事にそれ程お金を使えないのですが、何もせずに歳を取るような事はしたくはありません。
毎晩湯船に入って汗を出します。
汗を流しつつ顏のマッサージをします。

むくみがある時は痛みもありますが、デトックスしています。
洗顔はもこもこアワを作ってアワで包み込むように洗います。
洗顔のあとは素早く化粧水を塗って乳液で保湿します。

暇がある時はフェイスマスクもします。
翌日の化粧ののりが違います。

夕食は夜八時までには終わらせます。
翌朝はお腹を空かせて起きるくらいが良い感じなのです。
朝と昼は好きなように食事して夜食はお野菜中心にしています。

夕食をたくさん食べてしまうと次の日にも響いてしまうので気を付けるようにしています。
厳しい食事制限はせず、好きな物を食べている為ストレスのない生活を送れています。
ストレスというのは美容には良い事ではないので無理をしないで、ときにはのんびりするのも良いと思います。

一年中なるべく紫外線に当たらないようにする

わたしが美容のために神経を使っていることは、なるべく紫外線に当たらないようにすることです。
紫外線がしみやシワを作ってしまうことは有名な話ですが、夏の間だけじゃなく、紫外線は一年中降り注いでいるのでつねにUVカットクリームを塗るようにしています。

それから、日傘や帽子でがっちりガード。
勿論お顔だけでなく、腕や足などもできるだけ長袖等で隠すようにしています。
他人から見たら、度が過ぎるのでは?と思われるかもしれません。

しかしシミやシワは一度できると直ぐには消えず、さらに、年を重ねたときにそれが一番肌に出てしまうので、ゆくゆくのことを考えて今のうちにできることをできるだけしておいた方が良いとあたしは思います。

だけど良い天気の日でも長いこと外にいなければならないこともあります。
そういう時は帰宅したら直ちに顔を洗う、次にしっかりと保湿し、美白効果の高いナッツ類やアボカドをなるべく早く食べることに決めています。
若い頃は紫外線に対して気にすることは全くありませんでしたが、今からだって的確な対処をすれば、若々しい肌を永久に維持することができると感じています。

美容に関わる事だし、体の為にもなる事なのですが、脹脛を鍛えるようにしているのです。
とは言っても激しいトレーニングなどではなくて、肩幅くらいに足を開いて立ち、脚を上下に動かすといった簡単なものを繰り返しているのですが、これをしっかりと行うと筋肉痛になるほどふくらはぎに高い負荷かかかるのです。

前から、太い脚にはなりたくなかったので、リサーチしてこれを発見したのですが、これを真面目に行うと脚が細くなりつつ、そんなに疲れを感じなくなったのです。
前はどんなに軽くて疲れない靴を履いても、自宅につく頃にはふくらはぎがだるくて辛かったのですが、この運動をすることによりかなり良くなりました。

現在ではテレビを見ている時とか、本を読むときに、この運動をやってふくらはぎを鍛えています。
この運動は、基本的には毎日するようにしています。

2~3日間を空けてしまうと、、次にトレーニングしたときに脚がすぐにパンパンになり、筋肉痛が起きるので、うっかり忘れないようにしています。
脚が細くなりたいと思う人は、即効性もあるのでおススメです。

美容にこの食べ物が効く、スキンケア用品はこれがいいなどと、話が耳に入るとすぐさま食べたり使ったりしてたのですが、結果的に近ごろは毎日の暮らしの中で意識することがなにより美容に関わるんだなぁと気付きました。
最近は退職をして、育児中なので、美容にかける金銭が限られるため、高額な美容クリーム等は買えなくなりました。

薬局とかに並んでいるリーズナブルなメイク用品を使っていますが、肌の状態はこれまでにないくらい良いんです。
なぜかと考えてみると、晩のお肌ケアは毎日欠かさない、我が子の補完食の為っていうこともあり一日三食栄養の偏りのない食事を取る、我が子を楽しませつつあたし自身もそこそこに身体を動かしたり、晩はダラダラしてないでとっとと就寝する、という生活になったからだと思います。

前は夜分に甘い物をたべたり、飲み会帰りでメイクオフしないで眠っちゃって、起きた時にはスキンコンディションは最悪で暴飲したせいで顔がむくむということもちょくちょくあったりしました。
でも今はその時とは大違いの暮らしです。

またついこの間「母親になって表情が柔らかくなって素敵になりましたね」と褒められたことがあり、精神的なものも外見の変化につながるんだなと認識しました。
そのため外的なことだけでなく心のケアもおざなりにしないことが美容には必要なんだなぁと分かりました。

家で座ってゆっくりしている時に足が一番臭う

私は自分でも感じていますが、すぐに足が臭くなっています。
家について靴を脱ぎ、部屋に向かう時にすごい匂いが私のまわりからしてきます。
家で座ってゆっくりしている時が一番臭う為、どうしてこうも臭ってくるのかと思うのです。

一番の原因だと思う事は、足によく汗をかくからじゃないかな、と考えています。
暑い時期は特にニオイがしたのですけど、そうじゃなくても足が蒸れているのを感じます。

あと、クツにニオイが移ったというのも原因かと考えています。
洗ったとしてもにおいが取れないことがあり、それを履いて出かけた場合しょっちゅう足が臭くなりました。

ニオイの対策として、靴をローテーションする、履き替え用のクツシタを持参するという事をやってみたところ少しはニオイがしなくなってきた気がするのですが、それでもにおう事があります。
脚の臭いがクサイと家の中が臭くなってしまうので、どうにかしてにおいを気にならなくなるレベルにしていこうと考えています。

体臭と言ったら、わたしにとって傷でしかないです。
わたしはワキガです。
自覚を持ち始めたのは高校時代です。

前までは、汗をかけば皆このような臭いになるんだと思っていたので、私は沢山汗をかくだけだと思っていました。
しかしなんとなくインターネットで「ワキガ」という言葉を目にして調べてみると、症状が合致しているという事に気付いたのです。

それ以降ありとあらゆる腋臭専用グッズを試し、それ以降に出会った人にはおそらくワキガだと気づかれてはいないと思います。
ですが悪意を持たない日常会話の中で出る「強烈な体臭を持ってる人って無理だよねー!」という会話とか「なんか匂うよね」なんて聞こえたら、私自身の事を指し示す言葉じゃなくても自分の事を言われているみたいになって、友達とかにも不信感を持ってしまい被害妄想が激しくなっている自分自身がいました。

自分で何とかできる程度の体臭なら違うと思いますが、体質が原因の体臭というのは、周りを不快にさせているのと同時に自分の人格も変わってしまうくらい恐ろしいものです。
わたしは今手術しようか悩んでいます。

実はこの頃思い悩んでいることがあります。
最近まで自身でも分かっていなかったし、周りからも苦情が出た事もないようなことです。
悩みはボク自身の足元から異臭がするという事です。

この間まで友人などに注意されるような事もありませんでしたので、足臭がするなんて思ってもいませんでした。
問題の日はいきなりやってきました。

土曜日に、友人宅で久々に飲む約束をしていました。
家に上がってからはいつも通り近況報告をしたり、お酒を楽しんだりしていたのですが唐突に彼が鼻をクンクンし始めたのです。

「何?」と尋ねると、友だちが「雑巾臭に近いニオイがどっかからする」とポツリ。
私は彼の急な発言に戸惑うばかりでした。
すると友人が鼻の利く犬のようにボクに迫ってくるのです。

「どうした?」とヘラヘラしていると、「お前から臭いがする!足から。」と蹴っ飛ばされました。
私はキョトンとしてしまいました。

そして、そいつに嗅がせてみたら悲鳴を上げていました。
この何とも言えないにおいは、僕自身の足部分が発生源だったんです。
私はその時から「自分には足臭がある」という事を心にとめて、人に迷惑を掛けないように気をつけています。

汗をかいたときに気になってしまうワキのニオイ。
暑い季節だけじゃなく冬でも服をたくさん着るため家では発汗してしまうため、春夏秋冬汗の臭いを気にしてしまいます。
日頃はスプレータイプの制汗剤を使用していますが、臭いを根絶やしにしたいと思っていろいろ試してみたのです。

黒酢は殺菌作用があるから良いと聞いたので、湯船にちょこっとだけ入れたのです。
お風呂ではお酢の臭いが漂っていたのですが、後はまったく気になりませんでした。
効果のほうはというと、あたしにはあまり効果はなくて汗をかいたときに臭っていました。

続いてミョウバン水に挑みました。
自作するのですけど、ミョウバンにおいては普通に薬局に陳列してあり、手に入れやすいものでした。
水で希釈して使用したのですが、わたくしには変化が見られませんでした。

某TV番組でにおい専門のドクターが制汗剤はあまり使用しない方が良いとおっしゃっていました。
良い作用をする菌も殺すそうです。

でも、私には今は必要な物なのです。
また何か良さそうなものを見つけた時には試そうと思っています。

汚れや古い角質を取り去ることに必死になっていた若かりし頃

自分自身が毎日美容に関して注意している事は、第一に擦り過ぎない事と洗い流し過ぎない事。
若い頃は、汚れや古い角質を取り去ることを必死に行っていました。
ピーリング石鹸を使ったり、ソルトスクラブや角質ケアローション、それとはがすパックを使って、いつもお肌を擦っている状態でした。

良い事だと思いやっていましたが、結果としてはどんどん乾燥が進み、たくさんのお肌の問題を抱えてしまうことになってしまいました、なので洗顔はリキッドタイプに変え、化粧水は掌でそっと馴染ませるようにし、肌にとって刺激の強いメイクを使う事を中止することにしたのです。

そういったお手入れ方法にしてみたところ、乾燥しなくなってきたので、肌荒れもよくなってきたのです。
素肌に自活力が出てきたような気がします。
きっちりと古い角質層を除去する事に集中していたころよりも、吹き出物もあんまりできなくなったのです。
最近でも、時々はこれでもかというくらいスクラブ洗顔をしたいという気持ちになる事もあるのですが、このお肌の状態を維持したいのでなんとか我慢しています。

私がきれいになるために意識してやっていることが二個あります。

ひとつめは基礎代謝量を増やすことです。
朝起きたらまず、水をグラス1杯飲んで柔軟体操をします。
日中は出来るだけきびきびと歩いたり、適度に運動するよう心掛けています。

座ってばかりいるときにはできる限りふくらはぎの筋肉を意識して動かすようにしています。
お風呂から出たらマッサージもしています。
リンパが滞ったり老廃物が溜まると、肌荒れを起こしたりクマができたり、血の気のない顔色になるからです。
こうして自覚しながら全身の代謝を良くすると、顔のたるみが無くなり体もスッキリとします。

2つ目はポジティブでいることです。
マイナス思考にとらわれ、あれこれ悩んでいると負のエネルギーを放ってしまいます。
ねこ背になり、眼に生気は無くなり、口角が下がって、いいとこは何一つありません。

辛いときでも自分にとっての良い部分を探すようにして、ポジティブ思考でいることで健康的で素敵な女性に見られるのです。
年をとってもキレイでいたい!そんな願いを叶えるためには行動と思考と、併せて積極的にしたいと思います。

女の子にとって冷え性は撃退したいものですよね。
カラダが冷えると良く眠れなかったり、食欲不振におちいったり、不健康な顔色になったりしますよね。
元気でない理由が、冷え性からきているのだと認識できない人もいます。

血行不良(冷え)は自覚しないと解消出来ません。
わたしの場合はおウチでとる水分は「あったかいものだけ」とマイルールを作りました。
夏などはお出掛けした際に熱い飲物を買う機会も少ないですし、探すストレスもありますので「外出先以外は温かいもの」という風にしました。

取り敢えず湯を沸かしておくと便利です。
熱さを保つ容器を保有していなくても薬缶で湯を作っておけば、何時間かは保温されています。
加温されているものとは言え、飲みやすい温度のものを摂取しているから、電子レンジですと20秒もあれば作り終えられます。
40~45度って感じです。

真夏には、氷を入れたキンキンの飲み物が欲しくなったりしましたが、腹痛が起きたり、両手足が冷たくなるということが無くなり、スキンコンディションもよくなっているので続行中です。

二、三カ月たって、ホットが当たり前っていう感じになっちゃいました。
好物だった炭酸の飲み物や冷えた珈琲を摂らなくなったんでカラダの調子が良くなった気がします。
お試しあれ!

どうすれば汗の臭いを軽減出来るのか…

自分自身は中学の時からスポーツをしており、現在も一日おきでスポーツクラブへ行っています。
結構きついトレーニングをやっているので、ジム用のシャツが汗をかくお陰でベチョベチョになります。
これだけなら気にならないのですが、ジムの人の話を聞くとどうもあたしの汗がクサいみたいなのです。

それまではそういった事は言っていなかったのですが、ここ最近そういわれるようになったのです。
たぶん、それまではあたしに心遣いをしてくれていたと思います。
そんなに臭うとは私自身気が付かず、スポーツジムに行っていました。

自分では分からなくても、他の方の気分を害した事は申し訳ないと思っています。
であれば、今後どんな方法でクサイ臭いを抑制すれば良いのでしょうか。
体質の問題もあるので口にするものも関係はしていますが、たいした因果関係はないと思います。

足のニオイもそうだと思います。
それぞれで凄く差があります。

どうすれば汗の臭いを軽減出来るのか、考えて実施してみます。
今後もフィットネスジムの人に面倒をかけたくありませんからね。

誰にも負けないくらいの多汗症なわたしです。
若干痩せ形で平常の体温だしとどまっていれば人並に生活できているし寒い冬は手足は冷えているのですが、何かしようものなら直ちに体温が上がり汗をかきます。

例をあげると人と出掛ける約束をしていて小走りで向かったりすると、到着した時には額から汗が出ているのです。
友人達はそれが分かっているため「代謝が活発なんだね~。羨ましいわ」と言ってくれているのでわたしも良いことなのだという風に思うようにしていますが、自分としては煩わしい事もあります。

女の人に多い事だと思うのですけど、汗をかくことによってお化粧が崩れやすくなります。
対処法は薄化粧を心掛けて汗・水に強いコスメを使うことなのですが、そういったものは肌ダメージがかかってきます。
大変なのは汗をかく時期で、根っから暑いのがダメな体質なので額の部分から流れ出す汗を拭きとる為のミニタオルは必須です。

またメイクが崩れる事よりもっと厄介なことが、脇の汗です。
知り合いと正面を向いて会っているときに背中ならば知られることはありませんがわきの場合は相手の視界に入るので気付かれてしまいます。
粘度のないお水みたいな汗の為臭ったりしないのですけど、シャツの脇の所のいろが濃くなってしまうと違和感を感じてしまいます。

対策としてはデオドラントスプレーを利用したり汗取りインナーを着たり色の変化が目立ちにくい衣類を選ぶようにしているのです。
こういうふうに多汗症固有の悩みはあるのですけど常時あれこれと工夫して上手に凌いでいきたいです。

私は冬の季節は重ね着してしまうと汗ばんでしまう為薄着で外出しています。
厚着をするとむんとした濃い感じの臭いがする汗がでるので不快になります。
さらっとした感じの汗じゃなくベタっとした感じの汗なのでハンカチや濡れティッシュでふいても臭いが残ってしまうので寒い季節の汗の手入れは面倒なのです。

制汗製品を利用したり洗剤を変えたり柔軟剤の強力に臭いが防げるのを使っても全然私の場合は効かないのかな?と思ったのです。
生地が綿の物であれば汗を吸ってくれるイメージがあるので、インナーは綿100%の生地の物にしています。
下着の上にヒートテックなど薄手の生地で暖かいものを着てからアウターを羽織って外に出かけます。

外出先で「臭い匂いがする」なんて言われたくないので湯船にもしっかり浸かり汗をかいてから出かけるようにしています。
スメハラというのもテレビでやっていたのですが、わたくしはまわりを不快にさせないようにニオイ対策出来たらいいなと思っています。
夏は夏で大変ですが、寒い冬の猛烈な臭いがなくならないかなといつも思っています。

発汗する箇所って沢山あるのですけど、私は特に顔から出る汗が気になります。
男性であればあまり気にしないのかもしれないですが、女子はメイクが崩れてしまうのでとても嫌です。
汗をかいた事による化粧崩れで一番懸念しているのは、顔に塗るファンデです。

ファンデーションが汗で落ちると、汗が垂れたところが分かってしまったり、メイクを直しても色ムラができたりと面倒臭いのです。
汗を拭うのにハンカチやタオルを使った場合、それにファンデがついてしまうのです。

そのつぎに私自身が不快に思うのが、額の汗です。
髪の毛がかかるところなので、汗をかいて蒸れたり、前髪がベチョッとしたり、外にいるときはすごく気になってしまいます。
ニキビができたりもするので、特に額は注意しているのです。

夏に心がけていることは、太陽の光を避ける事と、扇子を持ち歩く事です。
現在ではデオドラント剤もいろんなものがあり、お化粧した上からできるものもあるみたいなので、ぜひ使ってみたいです。

毎日忘れずに蛋白質を食事で摂るように

美肌になる為に食事で心がけているポイントが2つあります。

1つは体重を増やさない為に、体脂肪をつけないようにし筋肉をつけるように努力しています。
からだはじゅうぶんな蛋白質量を摂らないと身体の筋肉が衰え、基礎代謝が落ちてみるみる太りやすくなってしまいます。

それを知ってから、毎日忘れずに蛋白質を食事で摂るようにしています。
一遍に摂取するよりも食事毎に摂取した方が筋肉アップが期待できるようなので、バタバタして食事をする暇もないときはプロテイン粉末を溶かして飲んで不足を補っています。

2つ目は紫外線対策のために、ビタミンCを摂取しています。
美白や美肌の効果のあるビタミンCはたんぱく質との相性もよいため、あわせて摂るとコラーゲンが生成され、肌がきれいに保たれます。
一度に沢山摂っても溜め込むことはできないので、ビタミン剤で摂らずに食事で3回とるようにしています。

バランス良く果物と野菜を食べていればとれるので、そんなに意識することもないです。

UVクリームで外側から紫外線を防ぐとともに、体の中からも美白になるようにこれは続けてやっています。
日に焼けるとお肌が色素沈着を起こすと50代60代の女性がよく言っています。

若いときにうっかり日焼けしちゃったからこんなにシミだらけになってしまって・・・と嘆いているのをよく耳にします。
銭湯通いやジム通いしていると結構いるんですよ。

特に蒸し風呂なんかに入っていると個室感も強く女だらけなのでよくそんな話をしています。
UVは認識しにくいものなのでどうやったらUVカットができるのかまだまだ考え中です。

100%「紫外線」を遮蔽する事はないけれどこの先もどんどんと紫外線防止対策を強化する必要があります。
そんな訳で車の運転をする際はカーディガンを着込んだり、それが無理な場合は肩まであるロンググローブをしています。

紫外線防止長手袋を利用しています。
近ごろつけている手袋は紫外線遮蔽率が90%以上のやつです。
五本指タイプのグローブなので手の先端までちゃんと紫外線対策が出来て嬉しいです。
数年後のことを考えてこれからも続けます。

美容と体のために食べ物に気をつかっています。
お菓子を食べ過ぎたりなるべくお菓子を食べることを控えることにしています。

どうしてもスイーツが欲しくなったら、果物やドライフルーツを代わりに食べています。
自分のご褒美に時たま(週に一回くらい)甘いおやつを少量食べる時もあります。
完全にスイーツ断ちをしてしまうと精神的にもよくないので、自分で決めた限度内にしています。

ほかに美容と体のために野菜をたっぷり使った食事にしています。
野菜の量が少なかったと思う日には、青汁で補っています。
近頃の青汁は不味くもなくスーッと飲めてしまいます。

毎日欠かさず体も動かしています。
毎日家でヨガをする時間を作っています。
種類はクンダリーヨガやパワーヨガといった中でも運動量の多いヨガをやっています。

シェイプアップや精神的に疲れている時にも、爽やかな気分になれます。
心が休まる効果もあるので、じっくりと物ごとを対処できるようになったり、日常のあるがままを認めることができるようになりました。
日常生活を見直すだけで更に美を追求できると思います。

キレイになりたいと考えながらも何もできていない私

女だったら、だれもが美しくありたい。と思っていると思います。
自分もキレイになりたいな。と考えながらもなんにもできていなくて綺麗、美とはかけ離れた様相(笑)

これじゃだめだ!と思いわたし自身がまず初めに行ったのがホットドリンクを飲むようにする事です。
温かいドリンクが体にとって良いという話を耳にした事があると思います。

ホントにその通りなのです。
温かい飲み物を飲むだけで代謝が良くなるし、第一にお肌が敏感な人にはすごくいいのです。

知ってました?温かい物を飲むというのは、内臓に優しいのです。
胃とか腸が温まることでその働きが良くなって、血流が良くなります。
この血の巡りにより、水分と栄養を運ぶので新しい細胞を作る事ができるのです。

だから、しっかりと水分・栄養素を含んだ細胞ができ角質層にとどまることで健康的な角質層が作られるのです。

ということは保水力があがり、健康で厚みのある角質層が作り出されることになります。
その上、血流が良くなることにより二酸化炭素などを外へ出しやすくなるので、お肌に透明感が出るのです。

現に、わたし自身毎食、決まってあたたかいドリンクを飲むようになり透明感のあるお肌になれたし、化粧ののりが抜群になりました。
これくらい単純なことできれいに近づくことが出来るとは…。
と冷たい物ばかり飲んでた私を攻めたいくらいです。

たったこれだけで綺麗に近づく事ができるのであれば皆さんもやってみたいと思いませんか?
試しにやってみて下さいね♪

魚を使った料理を食べたいのですが生の魚を使って調理するのが億劫・・・。
生の魚の臭いは強烈だし調理したあとは部屋に臭いが残ってどうしても買うのを控えてしまいます。
ですがお魚は健康や美容にとても良いらしいのです。

どうにか食べたいと思ってここ最近気づいたのは魚の缶詰が凄く良いということです。
調理済みの魚を缶詰にしたものは素晴らしいです。
味つけも万人受けするようにうまく仕上げてありますし、なんと言っても骨も食べることができるように調理されています。
圧力なべを使って魚を調理すると魚にもよりますが骨も崩れるほど柔らかく丸ごと食べられます。

サカナの缶詰もそのように調理してあり太い骨まですべて食べることができます。
魚の骨のカルシウム量はたっぷり!魚の身を食べるとDHAやEPAなども補えます。
魚は人間の体を形成してくれる大切な食料品だから缶詰で食べれば簡単なんだとわかったのです。

近頃は鯖の味噌煮やサバの醤油煮を食べることが多いです。
オカズとしても素晴らしいです。

私は美容の為に1年中紫外線対策をしています。
外出する際には袖の長い服と手袋、日傘を使用し、夏の暑い時には露出するところにきちんと日焼け止めを塗っています。
ファンデやリップなども紫外線カットしてくれる物を使用しています。

日焼した場合しみなどになりやすいだけでなく、しわになる元にもなるし、肌に良い影響をもたらしません。
お肌が少しでもくすんでしまうと、いままでぴったり合っていた色の服が似合わなくなる事もあるので気をつけたいです。

次に日々野菜を沢山摂り食事のバランスに気を使い、生理の時などホルモンバランスが乱れている時などはビタミンを効果的に摂れるサプリを飲みます。
あとは仕事の関係で眠る時間がバラバラになってしまうのですが、極力夜中の0時までには眠るようにしています。

それにお肌の老廃物を排出するために週に2、3回は半身浴をします。
沢山汗をかくと肌がツルツルになって化粧水の浸透が良くなります。
化粧水や乳液などは美白系の物で揃えて、少々値段が高くても成分にトランサミンが入ったスキンケアを使うようにしています。